コテ?アイロン?

(。・ω・)ノどもー小豆でっす✩

前髪を巻きたいときは、コテとヘアアイロンのどちらを使用すればよいのでしょう?

またそれぞれの作るカールには、どのような特徴があるのでしょうか?

今回は、前髪を巻くときのコテとヘアアイロンの使い分け方法を紹介します。

コテとヘアアイロンの違い

コテとヘアアイロンは基本的には同じものです。そのため基本的な機能面の違いもありません。

使用方法も両方とも、髪を熱によってスタイリングを作りキープさせることを目的としています。

このようにコテとヘアアイロンでは明確な違いはないのですが、一般的にはコテはカールを作るための道具で、ヘアアイロンはストレートにするための道具と分けて呼ぶことが多いです。

ですのでここでも、カールを目的とした道具をコテ、ストレートを目的とした道具をヘアアイロンと呼びます。

コテはカールを作りやすいように棒状になっているのが特徴で、ヘアアイロンはストレートにするため、平坦になっています。
ヘアアイロンではストレート以外にカールも作ることができます。

前髪を巻くときのコテとヘアアイロンの使い分けは?

コテとヘアアイロンは共に前髪を巻く時にも用いることができます。それぞれを上手く使い分けるとでより幅の広い前髪作りが可能になります。

コテ

コテでは前髪に強いカールを付けたいときに主に用いられます。また前髪が長い場合も、コテのほうがカールを付けやすくなります。

前髪をふんわりさせることでスタイリングが綺麗になる、「くるフワ前髪」や「カール斜め前髪」もコテが作りやすいです。

ヘアアイロン

ヘアアイロンは前髪にアレンジを加えたり、軽い角度を付けたい場合などに使いやすいです。「流し前髪」や「ワンカール」なども綺麗にスタイリングすることができます。

また、ストレート前髪に少し柔らかさを加えたい場合にも、ヘアアイロンが使いやすいです。

まとめ

コテとヘアアイロンは両方前髪にカールを付けることができます。

ですので、自分が目指しているスタイリングに合わせて使い分けると良いでしょう。

コテかヘアアイロンのいずれかしか持っていない場合でも、工夫次第で幅広い前髪のカールを作ることができますので、無理に両方揃える必要はありませんよ。

この記事へのコメント